女子ゴルフ 岡本綾子 アイアン 9I

Pocket

岡本綾子9番アイアンのスイング
1989年ベストゴルフから
岡本 綾子(おかもと あやこ、1951年4月2日 – )は、広島県豊田郡安芸津町(現:東広島市)出身の女子プロゴルファー。樋口久子らと共に日本女子ゴルフの基盤を築いた名選手である[1][2][3]。日本の女子選手で初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦した選手としても知られる。
日本女子ゴルフツアーで44勝、アメリカLPGAツアーで17勝[4]。日本ツアーの永久シード権を獲得しているほか、1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった[4][5][6]。
瀬戸内海を望む安芸津町木谷の生まれ。木谷は赤土土壌で地元では赤崎と呼ばれる美しい丘陵地[† 1]。この地で収穫されるジャガイモは料亭などに流通する高級品で知られ、岡本の実家もジャガイモやタバコなどを作る農家のため、家の手伝いをすることで強靭な足腰が鍛えられた。お転婆な子供で男の子と野球で遊ぶことが多く、中学で野球部を希望したが女子は入れてもらえず、ソフトボール部へ入部した[7]。
ソフトボールの強豪・愛媛県今治明徳高校に特待生として進学。同高校卒業後、ソフトボール部を創部した大和紡績福井工場(1995年9月閉鎖)に就職。サウスポーの剛球エース兼4番として1971年、和歌山国体で優勝[8]。国体優勝の褒美で、祝勝ハワイ旅行で初めて子供の頃から憧れたアメリカの土を踏む[9]。ここでゴルフ場を見学したのがきっかけでゴルフと出合う[4]。ゴルフを始めた動機は「アメリカに行けるかも知れない」というものだった[10]。
1972年に大和紡を退職後、1973年1月に池田CCに入社し、1974年10月に2度目の受験でプロテスト合格。この時「将来の夢は、アメリカに行ってプレーすることです」と答えたが、当時の状況では当然の如く、「やっとプロになったばかりで日本で1勝もしてないのに生意気」と先輩たちの反撥を買う[6][10]。大和紡時代から、その時のための準備に毎月3万円の給料の中から、爪に火を灯すように貯金をしていた[11][12]。アメリカで成功するまで実家にもほとんど帰らなかったといわれる[† 2]。国内のトーナメント試合に欠場して、マスコミの批判を浴びたこともある[10]。
プロデビュー一年目の1975年、美津濃トーナメントで初優勝。杉原輝雄が「オレより30ヤードは飛ぶね。いやになる」と言う程で、ソフトボールで鍛えた強いリストと強靭な腰のバネで、男子プロ並みの飛距離、豪打で鳴らした[13]。当時はヘッドがパーシモンでできたドライバー、ボールは今のようなソリッドボールではなく糸巻きで、飛距離も今のように出ず、当時の女子プロの平均飛距離は210~220ヤードぐらいであったが、岡本は240~250ヤードは飛ばした[14]。岡本の出現は日本女子プロゴルフ界に”パワー時代”を幕開けさせた[10][15]。プロ4年目の1978年、アメリカLPGAツアーテストを受けるが失敗[10]。1979年、日本女子プロゴルフ選手権優勝。通算17アンダーは、当時の54ホール世界女子プロ最小スコア記録[15]。1981年、樋口久子を抜いて初の賞金女王[5]。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA